カーエレクトロニクス

カーエレクトロニクス対応 XDシリーズ/トレックスでは小型・低消費に特化した製品群を取り揃えております。

トレックスの車載向け製品(XDシリーズ)はAEC-Q100のガイドラインに準拠しています。
AEC(Automotive Electronics Council)が定めたこの規格は集積回路を対象にした信頼性試験、品質試験を定めたもので、一般民生品よりも厳しい条件が採用されているため、車載向け製品の高い品質を担保することになります。
異常発生時には、トレーサビリティシステムによって製品の追跡や国内拠点での解析など、速やかに対応することが可能です。

車載対応品 XDシリーズ

DC/DCコンバータ 降圧型

シリーズ名 特徴 データシート ステータス パッケージ
XD9242 車載用 2A 降圧同期整流 [2.2KB] NEW USP-10B
XD9243 車載用 2A 降圧同期整流 [2.2KB] NEW USP-10B
XD9260 車載用 1.5A降圧同期整流COT制御 [1.5KB] NEW USP-6C
XD9261 車載用 1.5A降圧同期整流COT制御 [1.5KB] NEW USP-6C

電圧検出器 ウォッチドッグ機能

シリーズ名 特徴 データシート ステータス パッケージ
XD6130 車載用 ウォッチドッグタイムアウト時間
コンデンサ外調タイプ
マニュアルリ セット機能
[0.5KB] NEW SOT-26
XD6131 車載用 ウォッチドッグタイムアウト時間
コンデンサ外調タイプ
ウォッチドッグ ON/OFF機能
[0.5KB] NEW SOT-26
XD6121 車載用 ウォッチドッグ、ONOFF機能 [0.6KB] NEW SOT-25
XD6122 車載用 ウォッチドッグ、ONOFF機能 [0.6KB] NEW SOT-25
XD6123 車載用 ウォッチドッグ、ONOFF機能 [0.6KB] NEW SOT-25
XD6124 車載用 ウォッチドッグ、ONOFF機能 [0.6KB] NEW SOT-25

電圧検出器 遅延時間外部設定

シリーズ名 特徴 データシート ステータス パッケージ
XD6132 車載用 センス端子分離 サージ電圧保護機能付 HYS外調 遅延容量外付け [0.6KB] NEW SOT-26
USP-6C
XD6133 車載用 センス端子分離 遅延容量外付け [0.6KB] NEW SOT-26
USP-6C

車載対応品(XDシリーズ)と民生品(XCシリーズ)の違い

  製品名 スペック保証範囲 テスト管理 組立工場
25℃ 高温 限定 車載管理
車載対応品 XDxxxx-Q(*1) 動作温度範囲内(*2)
一般民生品 XCxxxx-G(*1) 常温保証のみ - - -

(*1)xxxxは製品分類、分野毎に決定されます。
(*2)設計保証を含みます。

車載対応品の用途

カーインフォテイメントから車載一般装備品に至るまで、幅広い用途に向けた製品をリリースしていきます。

当社製品採用事例

  • DC/ACインバーター
  • ETC/DSRC
  • GPSモジュール
  • カーエアコン
  • カーナビゲーション
  • キーレスエントリー
  • サブディスプレイ
  • タッチパッド
  • バックモニターカメラ
  • パワーウィンドウ
  • パワースライドドア
  • ヘッドアップディスプレイ
  • メーター
  • 後部座席モニター
  • 車載カメラ

採用場所イメージ

車載対応品の採用事例

3電源のシーケンス制御のためにXD6133 を使用。(①、②、③の順)
採用ポイントはAEC-Q100準拠 + センス端子 + 遅延時間設定自由度の3つ。
MCU内蔵の電圧検出器(ボルテージディテクタ)は設定自由度が低いため、単体の電圧検出器を使った方がより高度なシーケンス制御が可能となる。

車載対応品についてよくあるご質問

QuestionAECとはなんですか?
Answer

AECはAutomotive Electronics Councilの略称で、大手自動車メーカーと米国の電子部品メーカーが設立した車載用電子部品信頼性の標準化団体です。

QuestionAEC-Q100とはなんですか?
Answer

AEC規格の1つで、集積回路(IC)のための各種信頼性試験を定めたものです。

Question車載製品のサポートはどのようになっていますか?
Answer

車載ビジネス拡大に向けた中核拠点として2016年4月に【関西技術センター】を開設いたしました。
各地に分散していた製品設計、量産技術、品質保証の機能を集約し、「営業・開発/技術・品質保証」による一気通貫の対応力を提供いたします。

Questionトレックスの車載製品の定義を教えてください。
Answer

製品リリース時はAEC-Q100での製品認定を行っています。
また量産テストやトレーサビリティなどで量産品と異なる管理を実施しています。

QuestionTS16949は取得していますか?
Answer

トレックスは自社で生産設備を持たないファブレスメーカーのため、TS16949を取得できません。
ただし、TS16949で求められるコアツール(SPC、MSA)を用いた管理の導入の他、お客様からのご要望に応じてPPAPドキュメントの提供も行っております。

Question品質や環境対応はどうなっていますか?
Answer

ISO9001、ISO14001の認証を取得しています。またEURoHS/REACH並びにハロゲン&アンチモンフリーに対応しています。

カーエレクトロニクス向け電源ICの選定ポイント

カーエレクトロニクス向けには様々な部品選定テクニックが必要です。
電源ICに特化したプロフェッショナル集団「トレックス」ならではの選定ノウハウを2点ご紹介します。

1.ラジオ帯域ノイズ干渉のポイント

スイッチングレギュレータの周波数干渉を回避するには

スイッチングレギュレータは、電流のON/OFFを周期的にスイッチすることで、任意の出力電圧に変換します。そのため、電力の一部を熱として切り捨てて出力電圧を変換するリニアレギュレータに比べて高効率ですが、一方で、スイッチング由来のノイズが発生するというデメリットもあります。とりわけAMラジオ周波数との干渉が問題になります。

干渉問題を改善するための手段として、高周波数のDC/DCコンバータを選定するという対策方法があります。

対策に最適な製品シリーズ

2.カーバッテリー低下回避のポイント

リセット誤検出を防ぐことが可能

トレックスのXD6132/XD6133シリーズは、6V動作の電圧検出器ですが、外付け抵抗により任意の検出電圧、解除電圧、及びヒステリシス幅が設定可能であり、バッテリー電圧の監視に適しています。ヒステリシス幅や検出/解除遅延時間を任意に設定できるため、クランキングによってバッテリー電圧が変動した場合でもリセット誤検出を防ぐことが可能です。

バッテリー(+B)電圧の監視:R1/R2の抵抗分割にて高電圧を検出。
VSEN-HYS端子間にR3を接続して任意のヒステリシスをつけることが可能。

対策に最適な製品シリーズ

閉じる