トレックス企業行動規準

基本理念

企業は、公正な競争を通じて利潤を追求するという経済的主体であると同時に、広く社会にとって有用な存在でなければならない。そのため当社は企業が社会の一員であることを深く認識し、誠実かつ品格のある公正な事業を展開し、「良き企業市民」として豊かな社会の実現のために、ここにトレックス企業行動規準を定める。

行動指針

  1. 社会的に有用な製品・サービスを安全性や個人情報・顧客情報の保護に十分配慮して提供し、消費者・顧客はもちろん、省電力化などへの貢献を通して、持続可能な経済成長や社会的課題の解決に貢献することにより、全てのステークホルダーから満足と信頼を獲得する。
  2. 公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引を行う。また、政治、行政との健全かつ公正な関係を保つ。
  3. 企業情報を積極的かつ公正に開示し、株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを行い、その過程における建設的な対話を経て、企業価値の向上を図る。
  4. あらゆる形態での強制労働や児童労働及び人身取引を排除することはもちろん、いわれなき差別・セクシャルハラスメント・パワーハラスメントなどの行為を職場から排除し、従業員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保し、ゆとりと豊かさを実現する。
  5. 環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、自主的、積極的に行動する。
  6. 「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動を行う。
  7. すべての人々の人格・人権を尊重するとともに、その他人権侵害を助長するおそれのある一切の行為を事業活動から排除する。
  8. 国際的な事業活動においては、国際ルールや現地の法律の遵守はもとより、現地の文化や慣習を尊重し、その発展に貢献する経営を行う。
  9. 市民生活や企業活動に脅威を与える反社会的勢力との関係を排除し、また、自然災害、サイバー攻撃、テロ等に備え、事業継続マネジメント(BCM)を運用し、危機管理を実践する。
  10. 経営トップは、本規準の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範のうえ、社内、グループ企業に周知徹底するとともに、実効ある社内体制の整備を行い、企業倫理の徹底を図る。あわせて、サプライチェーンにも本規準の精神に基づく行動を促す。
  11. 本規準に反するような事態が発生したときには、経営トップ自らが問題解決にあたり、原因究明、再発防止に努めるとともに、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にしたうえで、自らを含めて厳正な処分を行う。

2019年4月1日
トレックス・セミコンダクター株式会社
代表取締役 社長執行役員 芝宮 孝司

閉じる