輸出管理について

トレックス・セミコンダクター(以下、当社)は、国際的な平和及び安全の維持を目的とする安全保障輸出管理について、グローバル企業として当然これに貢献する責務を有しており、この責務を果たすべく、下記のとおり安全保障管理体制を構築し、輸出管理体制の強化を図っています。

安全保障管理体制

当社は、安全保障輸出管理規程を定め、管轄官庁である経済産業省に対して、この届出を行い、適切である旨の確認を経て、CP受理票の発行を受けるとともに毎年1回、自己管理状況を経済産業省に報告しております。
安全保障輸出管理規程では、代表取締役社長を安全保障管理委員会の委員長として、当社安全保障管理の最高責任者である明確にし、その指示の下、法令及び技術判定の責任者がそれぞれ適切に安全保障輸出管理業務を実施する体制を構築しております。

安全保障管理教育

当社は、社員の安全保障輸出管理体制に対する意識向上を図るべく、新入社員に対しては、必須の教育項目として、また最低年1回社員向けの教育プログラムを実施し、安全保障輸出管理の重要性について、継続的な啓蒙を実施しています。

リスト規制及びキャッチオール規制対応

当社の製品を海外に輸出する際には、当社営業担当者までご連絡ください。当社製品のリスト規制に対する該非判定書、パラメータシート等を発行させて頂いております。 また、リスト規制非該当とされた当社製品につきましても、キャッチオール規制に該当する貨物となりますが、当社が輸出者となる場合においては、安全保障輸出管理規定に従い、用途・需要者要件、インフォーム要件の確認を実施しております。

閉じる