事業継続マネジメント(BCM)基本方針

1. 事業継続マネジメント(BCM)の目的

  • 当社グループは、大規模地震・水害等の自然災害、インフルエンザの大流行・企業不祥事、テロ等の事業継続に支障を来たす様々なリスクに備え、人命尊重を第一に事業を早急に復旧し顧客へ迅速な対応を行うためにBCMシステムを構築しステークホルダーの要求に応えてまいります。
  • ① 従業員、協力会社、地域住民などの人命の安全確保に最大限努めます。
    ② 被災地の復興支援により、地域社会に貢献します。
    ③ 主要製品の供給継続、または出来うる限り速やかな供給再開により、顧客への製品供給責任を果たします。
    ④ 事業を可能な限り継続し、経営への影響を最小限に留めることにより、社会の期待に応えます。

    2. BCMの適用範囲

  • 当社グループは、事業継続に支障をきたすあらゆるリスクをBCMの想定対象とし、これらのリスクを発生する可能性、経営に与える影響などから総合的に緊急度を評価し緊急度の高いものから順に対策を講じます。
  • 3. BCMの構成

  • 当社グループは本方針に基づき、社内の規程・細則類、事業継続計画を具体的に示す手順書等により、BCMシステムを構築します。
  • 4. BCMの効果的運用体制の確立

  • 当社グループは本方針に基づき整備する規程・細則・手順書並びに関連する法令・社会規範の遵守・徹底を図るための教育・訓練を定期的に実施します。また、教育・訓練の実施状況およびBCMの整備状況を確認し、改善策を検討することにより、BCMの有効性を高めるための適切な施策を実施します。
  • 2018年9月14日

    トレックス・セミコンダクター株式会社
    代表取締役社長 芝宮 孝司

    閉じる