超小型パッケージ(1.8×2.0×h0.6mm) 省回路設計に貢献、多機能で出力調整可能な小型2A高速LDOレギュレータを発売

2015年11月18日

トレックス・セミコンダクター株式会社(東京都中央区 代表取締役:芝宮 孝司 以下トレックス)は多機能で出力調整可能な2A高速LDOレギュレータXC6230シリーズを開発しました。

XC6230シリーズは、多機能搭載、最大出力電流2A、出力電圧及び電流制限値が調整可能な小型高速LDOレギュレータです。0.17Ωの低ON抵抗のP-ch Tr.を内蔵しており、入出力電位差が少なくても安定した出力電圧が得られ、ポストレギュレータ(DC/DC後段のリップル除去)、各種マイコン、ロジック用途向けレギュレータ、二次側(セカンダリ)電源に最適な製品で、家電、産業機器、通信系モジュール、電気スマートメーター等に使用可能です。

出力電圧 及び電流制限値をIC外部で設定できる機能と、出力端子(VOUT)に入力端子(VIN)以上の電流が逆流する事を防止する機能に加え、過熱保護(TSD)、起動時突入電流防止回路など豊富な保護回路を付加しながらも小型パッケージのUSP-6C(1.8 x 2.0 x h0.6mm)、SOP-8FD(開発中)から用途に合わせて選択可能です。
また、チップコンデンサとチップ抵抗のわずか合計5個の部品のみで出力電圧と過電流制限値をセットする事ができ、多機能でありながら省スペース設計に大きく貢献いたします。多機能であるもう1つの利点は、電源仕様がモデルごとに変更された場面でも、XC6230シリーズ1つでお客様が所望される出力電圧値と制限電流値が設定できることです。ICの共通化が可能となり、設計工数やコスト低減にも貢献できます。
トレックスは今後も小型・低消費電力の強みを活かし、市場ニーズに合わせた製品開発を迅速に行い、豊かな社会実現に貢献してまいります。

XC6230シリーズの特長

  • 多機能LDOレギュレータ
  • 小型パッケージUSP-6C(1.8 x 2.0 x h0.6mm)、SOP-8FD*開発中(6.0 x 4.9 x h1.55mm)から選択可能
  • 出力電圧、電流制限値が調整可能
  • 最大出力電流保証:2.0A (内部電流制限設定値2.5Atyp)
  • 電流制限設定範囲:0.3A~2.5A
  •  (最大出力電流設定値が電流制限値の80%になるように設定を推奨)
  • 入出力電圧電位差:0.17V (IOUT=1.0A/VOUT_SET=3.3V)
  • 動作電圧範囲1.7V~6.0V
  • 出力電圧精度:1.2V±1.0%
  • 出力電圧設定範囲: .1.2V~5.0V
  • 消費電流:45μA
  • 動作周囲温度:-40℃~+105℃
  • 付加機能:逆流電流防止、突入電流防止、出力電圧可変、電流制限可変、CL高速ディスチャージ
  • 保護機能:過熱保護、過電流保護, 短絡保護

発売概要

製品名 サンプル価 量産時期
XC6230シリーズ 100円(税抜価格) 量産中

XC6230シリーズの製品詳細はこちら

回路例

XC6230-circuitdiagram.jpg

販売・お取引に関するお問い合わせ

トレックス・セミコンダクター株式会社
営業部 [東日本] TEL:03-6222-2860
営業部 [西日本] TEL:06-6397-6802

報道関係の方お問い合わせ

トレックス・セミコンダクター株式会社
PR・広報 [大橋 由加] TEL:03-6222-2861

閉じる