高速過渡応答HiSAT-COT制御ラインナップ拡充 3.0A 同期整流降圧DC/DCコンバータ XC9274/XC9275シリーズ

2017年8月22日

トレックス・セミコンダクター株式会社(東京都中央区 代表取締役:芝宮 孝司 以下トレックス)は独自の高速過渡応答制御HiSAT-COTを搭載した、3.0A同期整流降圧DC/DCコンバータXC9274/XC9275シリーズを開発しました。


近年、電子機器で使用されているFPGAやASICでは、消費電力を削減するためにコア電圧の低電圧化が進んでいます。コア電圧の低電圧化にともない、DC/DCコンバータには出力電圧高精度化の要求が年々強くなっております。
またFPGAやASICでは瞬間的に負荷電流が変化するため、過渡的な電圧変動が大きくなります。従来のDC/DCコンバータでは過渡的な電圧変動を抑制するため、大容量の出力コンデンサが必要であり、実装面積が大きくなる問題がありました。


今回、トレックスが開発したXC9274/XC9275シリーズは、低電圧の出力電圧を高精度に出力でき、かつ、一層の高速過渡応答を実現する技術「第2世代 HiSAT-COT」を搭載した3.0A同期整流降圧DC/DCコンバータです。 XC9274/XC9275シリーズは、FPGAやASICなど、負荷変動が大きなデバイスのPOL電源に最適なICとなります。


「第2世代 HiSAT-COT」を搭載したXC9273/XC9274シリーズでは、出力電圧の高精度化のため全動作温度範囲においてFB電圧±1%を実現しました。
過渡応答特性についても、従来品と比べ大幅な過渡応答の高速化を行っており、世界最速クラスの過渡応答特性を実現しました。(図1) また過渡応答の高速化により、従来まで必要だった大容量の出力コンデンサの小型化が可能になり、従来品と比べ実装面積を25%程度の削減を実現いたしました。


動作モードはPWM制御(XC9274)またはPWM/PFM自動切替え制御(XC9275)が選択でき、軽負荷から重負荷までの全負荷領域で高効率かつ高速過渡応答、低リップルを実現します。

出力電流は3.0A、入力電圧範囲 2.7V~5.5V、出力電圧範囲0.8V~3.6V、FB電圧精度±1.0%となります。発振周波数は電力変換効率が良い1.2MHzと部品サイズの小型化と過渡応答が良い3.0MHzから選択可能です。
ソフトスタート機能は0.25ms(内部固定)で、動作停止時に出力電圧を高速放電するソフトオフ機能の有無を選択でき、FPGAやASICなどの起動シーケンスを容易に対応可能です。
保護機能は過電流保護、短絡保護、サーマルシャットダウンを内蔵しており、過電流(短絡)保護状態から開放された際、出力を自動復帰させるHiccupモードとラッチ停止タイプから選択できます。
パッケージは汎用品のSOP-8FD(4.9 x 6.0 x h1.55mm)を採用しています。



図1 XC9274/XC9275シリーズ 従来品との高速過渡応答比較


XC9274/XC9275シリーズ SOP-8FD(4.9 x 6.0 x h1.55mm)



XC9274/XC9275 シリーズの特長

  • トレックス独自の高速過渡応答制御「第2世代HiSAT-COT」を採用
    世界最速クラスの過渡応答特性
    従来品と比べ実装面積25%削減可能
  • 最大出力電流3.0A
  • 周囲温度、負荷安定度含め高精度な出力電圧
  • ドライバ内蔵型
  • 汎用パッケージのSOP-8FD採用

発売概要

製品名 参考価格 量産時期
XC9274/XC9275シリーズ 300円(税抜) 量産中

販売・お取引に関するお問い合わせ

トレックス・セミコンダクター株式会社
営業部 [東日本] TEL:03-6222-2860
営業部 [中日本] TEL:052-766-3183
営業部 [西日本] TEL:06-7670-0764  

報道関係の方お問い合わせ

トレックス・セミコンダクター株式会社
PR・広報 [大橋 由加] TEL:03-6222-2861


閉じる