パワーセーブ機能付Push Button ロードスイッチ XC6192シリーズ

2017年12月13日

トレックス・セミコンダクター株式会社(東京都中央区 代表取締役:芝宮 孝司 以下トレックス)は小容量電池搭載デバイス向けに、出荷後待機時及び電源OFF時における消費電力を大幅削減やシステムフリーズ時に電源シャットダウンを可能としたPush ButtonロードスイッチICを開発しました。


近年、電池搭載デバイスはウェアラブルデバイス、またIoTデバイスの普及に伴い、小型化への要求が高まっております。小型化に合わせて、省電力化も重要な要求事項の1つとなっており、電池の長寿命化はデバイス開発においても課題となっています。


今回、トレックスが開発した、Push ButtonロードスイッチICは機器の小型化・省電力化・電池の長寿命化といった課題解決に大きく貢献できます。

省電力を目的にメイン電源をOFFする際、マイコンのDeep Sleep Modeで機器の省電力化を実現する方法や、マイコンと外付け部品(ディスクリート)を使用し、電源ON/OFFスイッチを実現する方法などがあります。本ICでは、外付け部品を必要とせずIC単体で電源ラインのON/OFFコントロールが実現できます。

また、電池搭載デバイスの出荷テスト完了後に電源ラインをシャットダウン(OFF)状態にすることで、デバイス長期保管時における消費電力を大幅に削減することも可能となりました。電源OFF時の消費電流は、わずが10nA(TYP.)と非常に低消費です。
システムフリーズを起こし強制的に電源OFFしたい場合、システム(マイコン)で電源のON/OFFを実現している機器では対処ができませんでしたが、本ICはシステム(マイコン)から独立して動作するため、確実に電源OFFすることができます。


本ICは既に機器に搭載されているPushボタン信号を流用して電源のON/OFFを実現します。近年のデバイスではコスト削減、実装面積削減、操作性やデザイン性、防水性向上の観点からPushボタンの数が減る一方、一つのPushボタンで実現できる機能が増えています。本製品は電源ONするまでの遅延時間を0.5秒、1秒、3秒、5秒から、電源OFFするまでの時間を3秒、5秒、10秒、15秒から選択でき、選択した遅延時間内であれば、様々な機能を入れることができます。これにより多機能化された1つのPushボタンに電源ON/OFFの機能を追加することができます。


小型化、省電力化の要求の強いワイヤレスイヤホンや補聴器、長期間の使用の要求が強いIoT機器、セキュリティー機器などに最適です。 パッケージは超低背(2.0 x 2.0 x h0.33mm)のUSP-8B06を採用し、実装面積の省スペース化が可能です。

XC6192シリーズ USP-8B06 (2.0 x 2.0 x h0.33mm)



XC6192 シリーズの特長

  • 外付け部品を使用せず、IC単体での電源ラインのON/OFFを実現(業界初*)
  • *トレックス自社調べ(2017/12/13現在)
  • 電源ラインをON/OFFさせるスイッチを内蔵
  • 突入電流防止/短絡保護/パワーグッドなど低IQでありながら高機能
  • 製品テスト完了後にシャットダウンモードを用いて、長期保管時の消費電流を大幅削減 10nA(TYP.)
  • 電源ON遅延時間の選択が可能(0.5秒、1秒、3秒、5秒から選択)
  • 電源OFF遅延時間の選択が可能(3秒、5秒、10秒、15秒から選択)
  • 超低背小型パッケージUSP-8B06(2.0 x 2.0 x h0.33mm)採用

発売概要

製品名 参考価格 量産時期
XC6192シリーズ 200円(税抜) 量産中

XC6192

NEW

電池実装デバイスの出荷テスト完了後に電源ラインをシャットダウン(OFF)状態にすることで、長期保管時における消費電力を大幅に削減することを可能とするPush ButtonロードスイッチICです

電池実装デバイスの出荷テスト完了後に電源ラインをシャットダウン(OFF)状態にすることで、長期保管時における消費電力を大幅に削減することを可能とするPush ButtonロードスイッチICです

販売・お取引に関するお問い合わせ

トレックス・セミコンダクター株式会社
営業部 [東日本] TEL:03-6222-2860
営業部 [中日本] TEL:052-766-3183
営業部 [西日本] TEL:06-7670-0764  

報道関係の方お問い合わせ

トレックス・セミコンダクター株式会社
PR・広報 [大橋 由加] TEL:03-6222-2861


閉じる