低容量 保護用ダイオード 過渡電圧サプレッサ(TVS)ラインナップ拡充 XBP141P

2019年6月7日

トレックス・セミコンダクター株式会社(東京都中央区 代表取締役:芝宮 孝司 以下トレックス)は、過渡電圧サプレッサ(TVS)の新シリーズとして、XBP141Pを開発しました。

過渡電圧サプレッサ(TVS)シリーズ、XBP141Pは、外部インターフェースに近接して実装され、静電放電から後段に配置されたICを保護します。XBP141Pは端子容量が小さく高速信号ラインに対応し、USB3.0等のライン保護に最適です。更に、DFN2510-10A(2.5 x 1.0 x h0.55mm)パッケージに、TVSダイオード4素子を搭載し、4ラインの保護が可能です。




▲「DFN2510-10A」パッケージ

発売概要

製品名 参考価格 量産時期
XBP141P-G 100円(税抜) 量産中

販売・お取引に関するお問い合わせ

トレックス・セミコンダクター株式会社
営業部 [東日本] TEL:03-6222-2860
営業部 [中日本] TEL:052-766-3183
営業部 [西日本] TEL:06-7670-0764  

報道関係の方お問い合わせ

トレックス・セミコンダクター株式会社
総務部 広報販促 TEL:03-6222-2861


閉じる