36V動作600mAコイル一体型降圧DC/DCコンバータ “microDC/DC” ラインナップ拡充 XCL230/XCL231シリーズ

2020年3月2日

トレックス・セミコンダクター株式会社(東京都中央区 代表取締役:芝宮 孝司 以下トレックス)は、 超低消費降圧コイル一体型DC/DCコンバータの新製品、XCL230/XCL231シリーズを開発いたしました。

XCL230/XCL231シリーズは、制御ICとコイルを一体化した36V動作600mA降圧DC/DCコンバータです。コイルと一体化することで基板レイアウトが容易になり、部品配置や配線の引き回しによる誤動作やノイズを最小限に抑えることができます。入力電圧範囲は3.0~36V、スイッチング周波数は1.2MHz、同期整流回路を使用しており高効率で安定した電源を実現します。パッケージは小型DFN3030-10B(3.0mm×3.0mm, h=1.7mm)を採用しております。

XCL230シリーズはPWM制御により動作周波数を固定する事で出力リップル電圧を小さく抑えることができます。XCL231シリーズはPWM/PFM自動切替制御により軽負荷時の動作周波数を下げることで損失を低減し、軽負荷から重負荷まで全領域で高効率を実現します。0.75V の基準電圧源を内蔵し、外付け抵抗により出力電圧は1.0V~5.0Vの範囲で設定が可能です。

XCL230/XCL231シリーズに採用した「クールポストタイプ」(図1)パッケージは内部にCuポストを貫通させる事により上部のコイルは電気、熱共にPCBと低抵抗で繋げる事が可能となり、スタック構造にも関わらず低抵抗、高放熱が実現可能となっています。(図2)

ソフトスタート時間は内部にて2.0msに設定されており、さらにEN/SS端子に接続する抵抗と容量により内部ソフトスタートよりも長い時間を任意に設定することも可能です。保護機能として過電流保護機能、サーマルシャットダウン機能を内蔵しており、短絡時も安全に使用することが可能です。


図1 パッケージ「DFN3030-10B」






図2.Cuポストの採用で放熱特性が向上

発売概要

製品名 参考価格 量産時期
XCL230/XCL231 300円(税抜) 量産中

販売・お取引に関するお問い合わせ

トレックス・セミコンダクター株式会社
営業部 [東日本] TEL:03-6222-2860
営業部 [中日本] TEL:052-766-3183
営業部 [西日本] TEL:06-7670-0764  

報道関係の方お問い合わせ

トレックス・セミコンダクター株式会社
総務部 広報販促 TEL:03-6222-2861


閉じる