IoT, エナジーハーベスト事業を拡大! MATRIX Industriesとアライアンス

2019年9月13日

トレックス・セミコンダクター株式会社(東京都中央区 代表取締役:芝宮 孝司 以下トレックス)は、熱電製品メーカーMATRIX Industries, Inc.(Menlo Park, Calif. CEO: Akram Boukai 以下Matrix)と、IoT、ウェアラブルデバイス、エナジーハーベストでの市場拡大を目的としたマーケティング、製品開発の事業協力関係を築くことになりました。

今後、Matrixとトレックスは、Matrixの熱電変換材料科学および熱工学に関する専門知識とトレックスの低消費電力および高効率エネルギー電力管理に関する専門知識を連携して、センサーのエナジーハーベストリファレンスデザインを含むソリューションの共同開発を目的とし、バッテリーレスおよび低電力アプリケーション向けの革新的な製品をラインナップすることを目指し、近い将来技術開発において両社で業務提携を行い、お互いの得意分野を生かした技術開発を進めていきます。

「トレックスと事業協力することにより、Matrixは、ワールドワイドでのエネルギー収集というニーズとその課題をより効果的に対処できます。バッテリーレスと低消費電力アプリケーションが日々進化している中、現場の知識と洞察力を活用して、各需要を満たせる優位性を獲得することができます。」とMatrixのCEOであるAkram Boukai氏はコメントしました。

「Matrixから戦略的テクノロジーとマーケティングパートナーとして選ばれたことを光栄に思います。革新的な熱電リーダーと事業協力することで、お客様を最先端のテクノロジーにつなげ、エナジーハーベスト技術を展開することに尽力し、 IoT、ウェアラブルデバイス、バッテリー駆動、バッテリーレスのアプリケーション向けに弊社製品が世界中で採用されると確信しております。」(トレックス 代表取締役社長 芝宮 孝司)

Matrixとトレックスは、Smart Farmingおよび産業用IoTアプリケーション向けに、リファレンスデザインを提供します。(図1) このリファレンスデザインでは、MatrixのPowerTile、熱電発電ベースの電源、20mVの入力から5V出力に昇圧することを実現したMatrixのMercuryエナジーハーベストIC(https://www.matrixindustries.com/en/products/mercury-energy-harvesting-boost-converter)、トレックスの電力管理ソリューションを使用して、IoTデバイスに電力を供給し、バッテリーを搭載または交換する必要がありません。詳細については、お問い合わせください。




図1.エナジーハーベストを実現する構成




図2.エナジーハーベストを実現する構成
▲MATRIX PowerTile
・Power Output: Average > 1mW | Peak >8mW
・10cm x 10cm x 2.5cm




図3.熱電発電(MATRIX PowerTile)応用例

MATRIX Industriesについて

MATRIX Industriesは、シリコンバレーの材料科学のパイオニアとして2011年に設立されました。IoTとウェアラブルの電力方式を再発明することを専心しております。カリフォルニア工科大学、マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校卒の博士らや最先端技術の普及活動に25年以上精通するベテランなど、熱電材料科学、熱工学、消費者向け商品の開発及び生産の専門家らによって構成されています。
MATRIX Industries (https://www.matrixindustries.com)
MATRIX Industries News(https://www.matrixindustries.com/en/news)

報道関係のお問い合わせ

  • 広報販促
    Tel: 03-6222-2861
閉じる