NEW

XCL304シリーズ

コイル一体型負電圧出力対応 DC/DC コンバータ

XCL304シリーズは、コイルと制御ICを一体化した小型のコイル一体型負電圧micro DC/DCコンバータです。 発振周波数を2.5MHzと高速化し2.5x2.0x1.0mmの小型パッケージを採用した事により、大幅な実装面積削減に貢献出来ます。

またコイルと制御ICを一体化することで基板レイアウトが容易になり、部品配置や配線の引き回しによる誤動作やノイズを最 小限に抑えることができます。チャージポンプ方式と比較してスイッチング方式のため、入力電圧が変動しても出力電圧を一定に保つ事が出来、大電流出力が可能です。

低ノイズを重視する用途ではPWM制御のXCL303シリーズを、軽負荷で高効率、重負荷で低ノイズを重視する用途ではPWM/PFM自動切換え制御のXCL304シリーズを選択可能です。

XCL304シリーズで、PWM制御とPWM/PFM自動切換え制御を選択でき、低ノイズや効率を重視する用途にも最適です。 出力電圧は外付け抵抗により-1.2V ~ -6.0Vの範囲で調整可能です。

代表標準回路

特長

入力電圧範囲 2.7V~5.5V
出力電圧設定範囲 -1.2V ~ -6.0V
FB電圧 0.5V ± 10mV
VREF電圧 1.6V ± 40mV
最大出力電流 300mA @VOUT=-3.0V, VIN=3.3V(TYP.)
消費電流 250μA (TYP.)
制御方式 PWM/PFM制御
発振周波数 2.5MHz
保護機能 電流制限 (1.1A TYP.)
機能 ソフトスタート時間外部調整
UVLO
動作周囲温度 -40℃~+85℃
環境への配慮 EU RoHS指令対応、鉛フリー

パッケージ

データシート

技術資料

閉じる