XC6117シリーズ

マニュアルリセット機能付き電圧検出器

XC6117シリーズは、高精度、低消費電流を実現したCMOSプロセスのマニュアルリセット機能付き電圧検出器です。内部は基準電圧源、遅延回路、コンパレータ、出力ドライバ回路から構成されています。

遅延回路を内蔵しているため外付け部品なしで遅延時間を持った信号を出力します。また、マニュアルリセット機能付きで任意のタイミングでリセット信号を出力します。出力タイプはVDFL(検出時Lレベル)とVDFH(検出時Hレベル)の二種類です。

検出電圧はレーザートリミングにより1.6V~5.0Vまで、0.1Vステップで設定可能です。

解除遅延時間は3.13msから1.6sまで7種類選択できます。

代表標準回路

特長

検出電圧範囲 1.6V~5.0V ±2%(0.1Vステップ)
ヒステリシス幅 VDF×0.1%(TYP.)
動作電圧範囲 1.0V~6.0V
検出電圧温度特性 ±100ppm/℃(TYP.)
出力形態 Nchオープンドレイン,またはCMOS出力
マニュアルリセット端子 マニュアルにより強制リセットが可能。
解除遅延時間 1.6s,400ms,200ms,100ms,50ms,25ms,3.13ms (TYP.)が選択可能

パッケージ

パッケージ名 SOT-25 ピン数 5
個/リール 3,000 外形寸法(mm) 2.8 x 2.9 x 1.3
パッケージ名 USP-6C ピン数 6
個/リール 3,000 外形寸法(mm) 1.8 x 2.0 x 0.6

データシート

品質保証資料

閉じる