XC61Fシリーズ

遅延回路内蔵、時間内部固定型電圧検出器

XC61Fシリーズは、遅延回路を内蔵した電圧検出器です。CMOSプロセスとレーザートリミング技術を用いて、高精度、低消費電流を実現しています。検出電圧は、高精度かつ温度ドリフトが極めて小さくなっております。出力回路は、N-chオープンドレインとCMOSの2種類があります。遅延回路を内蔵しているため外付け部品が不要になり、高密度実装が実現できます。

代表標準回路

特長

検出電圧精度 ± 2%
低消費電流 1.0μA(TYP.)[VIN=2.0V ]
検出電圧範囲 1.6V~6.0V まで0.1Vステップで設定可能
動作電圧範囲 0.7~10.0V
検出電圧温度特性 ±100ppm/℃(TYP.)
遅延回路内蔵 ①1ms~50ms、②50ms~200ms、③80ms~400ms
出力形態 N-chオープンドレイン,またはCMOS出力

パッケージ

パッケージ名 SOT-23 ピン数 3
個/リール 3,000 外形寸法(mm) 2.8 x 2.9 x 1.3
パッケージ名 SOT-89 ピン数 3
個/リール 1,000 外形寸法(mm) 4.5 x 4.0 x 1.6

データシート

技術資料

品質保証資料

XC61Fシリーズの類似品

閉じる