XC6190シリーズ

Push Button リブートコントローラー

XC6190シリーズは、2つのスイッチ(物理的なボタン)にてSW1端子、SW2端子に所定の時間(リブート遅延時間)”L”電圧を入力することでシステムにリブート信号を提供するタイマーリセットICです。

外付けの抵抗RTを変更することで1s~20sの間でリブート遅延時間(TDL)を設定できます。

また、リブート信号(TRSTB)は0.4s(TYP)出力された後、自動で定常状態に戻ります。

待機時の消費電流が0.01uA(TYP.)と非常小さく、バッテリー駆動時間の長時間化に貢献し、USPN-6およびUSPN-6B01の小型パッケージを使用しているため、実装面積を削減することが可能です。

保護機能として、ICの誤動作を防止するためにUVLO機能を搭載しております。

お知らせ

2015年1月13日
製品ニュース
Push Button リブートコントローラー XC6190シリーズ

代表標準回路

特長

動作電圧範囲 1.75V~6.0V
消費電流 0.01uA (待機時,TYP.)
出力形態 N-chオープンドレイン出力 (XC6190xN)
CMOS出力 (XC6190xC)
RSTB端子SINK電流 30mA (VRSTB=0.3V)
リブート遅延時間 (Aタイプ)1s~20s (外付け抵抗にて調整可)
12.5s±5% (RT=200kΩ)
(Bタイプ)7.5s±5% (TS=GND), 12.5s±5% (TS=VIN)
リブート時間 0.4s±5%
動作周囲温度 -40℃ ~ +85℃

パッケージ

パッケージ名 USPN-6 ピン数 6
個/リール 5,000 外形寸法(mm) 1.3 x 1.3 x 0.4
パッケージ名 USPN-6B01 ピン数 6
個/リール 5,000 外形寸法(mm) 1.0 X 1.45 x 0.4

データシート

品質保証資料

閉じる