推奨品

XC6192シリーズ

パワーセーブ機能付Push Button ロードスイッチ

XC6192シリーズは電池実装デバイスの出荷テスト完了後に電源ラインをシャットダウン(OFF)状態にすることで、長期保管時における消費電力を大幅に削減することを可能とするPush ButtonロードスイッチICです。 電源ラインはSHDN端子に”H”レベルを1パルス入力することで強制的にシャットダウン(OFF)させることができます。


AタイプはSW端子に一定時間”L” 信号を入力することで、電源ラインをON/OFFさせるオルタネイティングON/OFF制御機能(*1)を搭載しており、ON/FFパワースイッチ用途に最適です。
BタイプはSW端子に一定時間”L”信号を入力することで、電源ラインを通電状態(ON)に固定することができ、一度通電状態(ON)になるとSW端子によるシャットダウンができません。SHDN端子によるシャットダウンを用い出荷時のみ電源ラインをシャットダウン(OFF)することで出荷モード用途に最適となります。

また、XC6192シリーズはSW端子への信号入力に既存のスイッチ信号を他のデバイスと共用することが可能であり、小型面実装PKGに搭載しているため、省スペース化に貢献できます。

本ICは電源ラインを強制的にシャットダウン(OFF)させるSHDN端子、出力電圧が立ち上がったことを検出しフラグ信号を出力するPG端子(Nchオープンドレイン)及び、保護機能として出力短絡保護機能(回路短絡による電圧降下を検出すると、電源ラインがOFFで固定される機能)、突入電流防止機能(VOUTが一定電圧に達するまでVIN-VOUT間を105Ω(Typ.)の抵抗を介して立ち上がる機能)、出力コンデンサディスチャージ機能を搭載しています。
シャットダウン時の消費電流が0.01μA(Typ.)と非常に小さく、長期保管時の省電力化に貢献します。


(*1) 本ICのオルタネイティングON/OFF制御とは、SW端子に一定時間"L"電圧を入力する度に、VOUTが"H"電圧 /シャットダウンを繰り返す仕組みのことを指します。

お知らせ

2017年11月30日
トピックス
「小型バッテリー駆動機器を“完全な眠り”にいざなうロードスイッチIC」EDN Japan タイアップ記事

代表標準回路

特長

入力電圧 2.5V~6.0V
スタンバイ電流 0.01uA (TYP.)
消費電流(Turn-On時) 0.45μA (TYP.)
Turn-On遅延時間(TOND) 0.5s, 1.0s, 3.0s or 5s
Turn-Off機能 (Aタイプ)SHDN端子”H”入力, SW端子TOFFD間”L”入力
(Bタイプ)SHDN端子”H”入力
Turn-Off遅延時間(TOFFD) 3s, 5s, 10s or 15s
付加機能 パワーグッド機能(PG端子)
強制シャットダウン機能(SHDN端子)
保護機能 突入電流防止
出力短絡保護
出力コンデンサ ディスチャージ機能
動作周囲温度 -40℃ ~ +85℃

パッケージ

パッケージ名 USP-8B06 ピン数 8
個/リール 5,000 外形寸法(mm) 2.0 x 2.0 x 0.33

データシート

閉じる