XC6222シリーズ

700mA高速LDOレギュレータ

XC6222シリーズは、高精度、低ノイズ、高リップル除去、低ドロップアウト、低消費電流を実現した高速LDOレギュレータです。

内部は基準電圧源、誤差増幅器、ドライバトランジスタ、電流制限回路、過熱保護回路、位相補償回路等から構成されています。

CE端子にLレべルを入力することでICはスタンバイ状態になります。またスタンバイ状態のとき、出力安定化コンデンサ(CL)にチャージされた電荷をVOUT端子-VSS端子間の内部スイッチによりディスチャージすることが可能です。このディスチャージ機能によりVOUT端子を高速にVSSレベルに戻すことが出来ます。

過電流保護回路と過熱保護回路を内蔵しており、出力電流が制限電流に達するか、ジャンクション温度が制限温度に達するかによって、保護回路が動作します。

代表標準回路

特長

入出力電位差 120mV @IOUT=300mA(VOUT(T)=3.0V)
動作電圧範囲 1.7V~6.0V
出力電圧 0.8V~5.0V (0.05Vステップ)
高精度 ±1%,VOUT>2.0V , ±0.02VOUT≧2.0V)
低消費電流 100μA
スタンバイ電流 0.1μA以下
高リップル除去 65dB@1kHz
動作周囲温度 -40℃~85℃
出力コンデンサ セラミックコンデンサ

パッケージ

パッケージ名 SOT-25 ピン数 5
個/リール 3,000 外形寸法(mm) 2.8 x 2.9 x 1.3
パッケージ名 SOT-89-5 ピン数 5
個/リール 1,000 外形寸法(mm) 4.5 x 4.6 x 1.5
パッケージ名 USP-6C ピン数 6
個/リール 3,000 外形寸法(mm) 1.8 x 2.0 x 0.6

データシート

品質保証資料

よくあるご質問

Questionスタンバイ電流とは何ですか。
Answer

スタンバイモード時にICに流れる電流です。スタンバイモードとは、CE機能によりICがOFFした状態を指します。

閉じる