推奨品

XC6230シリーズ

出力調整可能 マルチファンクション 2A高速LDOレギュレータ

XC6230シリーズは、低ON抵抗・低ドロップアウト、高精度、低ノイズ、高リップル除去を実現した大電流高速LDOレギュレータです。 内部は基準電圧源、誤差増幅器、ドライバトランジスタ、電流制限回路、突入電流防止回路、逆流防止回路、過熱保護回路、位相補償回路等から構成されています。

最大出力電流2.0Aまで使用可能な0.17Ωの低ON抵抗Pchドライバトランジスタを内蔵しており、入出力電圧差が非常に小さな状態でご使用されるアプリケーションに最適です。出力コンデンサ(CL)はセラミックコンデンサ等の低ESRのコンデンサに対応しています。

また出力電圧は、VOFB端子に外付けの抵抗を接続する事で、1.2V~5.0Vの範囲で任意に出力電圧値を設定する事が可能です。

保護回路は過電流保護回路と過熱保護回路を内蔵しており、出力電流が制限電流に達するか、ジャンクション温度が制限温度に達する事により保護回路が動作しICを安全に停止する事ができます。電流制限値はILIM端子に外付け抵抗を接続する事で0.3~2.5Aの範囲で任意に設定する事が可能です。突入電流防止回路を搭載しており、IC起動時(CEでのIC制御時)に出力コンデンサ(CL)にチャージされる電流(突入電流)を抑制し、VINラインの変動を抑制する働きを行います。

また、CE端子にLowレベル電圧を入力することでICはスタンバイ状態となります。 スタンバイ状態のとき、出力コンデンサ(CL)にチャージされた電荷を高速にVSSレベルに戻す事ができます。

さらに逆流電流防止回路を内蔵しており、出力端子(VOUT )に入力端子(VIN)以上の電圧状態の場合に逆流電流を防止します。

お知らせ

2015年11月18日
製品ニュース
超小型パッケージ(1.8×2.0×h0.6mm) 省回路設計に貢献、多機能で出力調整可能な小型2A高速LDOレギュレータを発売

代表標準回路

特長

最大出力電流 2.0A
電流制限設定範囲 0.3A~2.5A
入出力電位差 0.17V@ IOUT=1.0A/ VOUT_SET=3.3V
動作電圧範囲 1.7V~6.0V
出力電圧精度 1.2V ±1.0%
出力電圧設定範囲 1.2V~5.0V
消費電流 45μA
付加機能 逆流電流防止機能
突入電流防止機能
出力電圧可変機能
電流制限可変機能
CL高速ディスチャージ
保護機能 過熱保護機能
(検出150℃、解除125℃(TYP.))
過電流保護, 短絡保護機能
出力コンデンサ 4.7μF セラミック対応
動作周囲温度 -40℃~+105℃
環境への配慮 EU RoHS 指令対応、鉛フリー

パッケージ

パッケージ名 SOP-8FD ピン数 8
個/リール 1,000 外形寸法(mm) 6.0 x 4.9 x 1.55
パッケージ名 USP-6C ピン数 6
個/リール 3,000 外形寸法(mm) 1.8 x 2.0 x 0.6

データシート

技術資料

品質保証資料

よくあるご質問

Questionスタンバイ電流とは何ですか。
Answer

スタンバイモード時にICに流れる電流です。スタンバイモードとは、CE機能によりICがOFFした状態を指します。

閉じる