XC62Eシリーズ

正電圧レギュレータ

XC62Eシリーズは、外付けのトランジスタを使用することにより、出力電流を最大1A(アンペア)まで取り出すことができる、正電圧出力のレギュレータです。

CMOSプロセスとレーザートリミング技術により低消費電流・高精度を実現しています。高精度の基準電源・誤差補正回路・保護回路から構成されています。

スタンバイモードにより、動作停止中の消費電流を大幅にカットできます。

また、入出力電位差が小さいために、損失を抑えた効率の良い定電圧回路が実現できます。この特長により、バッテリー使用の携帯機器など、消費電力を抑えたい製品に最適です。

CE機能には、負論理のXC62EPシリーズの他に、正論理のXC62ERシリーズ(カスタム仕様)があります。

代表標準回路

特長

極小入出力電位差 0.1Vの電位差で100mAの出力が可能,(外付けトランジスタの特性により変化します)
最大出力電流 1000mA
出力電圧範囲 1.5V~6.0Vまで0.1Vステップで設定可能
高精度 設定電圧精度±2%
低消費電流 50μA (TYP.) (VOUT=5.0V品) ,0.2μA (TYP.) (スタンバイ時)
出力電圧温度特性 ±100ppm/ ℃ (TYP.)
入力安定度 0.1%/V (TYP.)

パッケージ

パッケージ名 SOT-25 ピン数 5
個/リール 3,000 外形寸法(mm) 2.8 x 2.9 x 1.3

データシート

品質保証資料

よくあるご質問

Questionスタンバイ電流とは何ですか。
Answer

スタンバイモード時にICに流れる電流です。スタンバイモードとは、CE機能によりICがOFFした状態を指します。

XC62Eシリーズの類似品

閉じる