XC6601シリーズ

ソフトスタート機能付き低入力電圧動作対応LDOレギュレータ

XC6601シリーズは、低出力電圧でも超低ON抵抗での動作が実現でき電流を高効率に出力することが可能なため、低入力電圧ならびに低入出力電圧動作を必要とするアプリケーションに最適です。また、設定出力電圧の高精度(±20mV)を実現したCMOSプロセスのLDOレギュレータICで、内部は基準電圧源、誤差増幅器、ドライバトランジスタ、定電流制限回路、フォールドバック回路、過熱保護回路(TSD)、Under Voltage Lock Out回路(UVLO)、ソフトスタート回路、位相補償回路等から構成されています。

出力電圧は、レーザートリミングにより内部にて0.7V~1.8Vまで0.05Vステップで設定可能です。出力安定化コンデンサ(CL)はセラミックコンデンサ等の低ESRのコンデンサにも対応しています。

過電流保護回路(定電流制限回路、フォールドバック回路)と過熱保護回路(TSD)は、出力電流が制限電流に達するか、またはジャンクション温度が制限温度に達するとICの保護として動作します。また、UVLO機能は、VBIAS、VINがUVLO電圧以下でレギュレータの出力をオフさせるように動作し、ソフトスタート機能は、ICの立ち上がり時にCLをチャージする為に流れるVIN-VOUT間の電流(突入電流)を抑え、且つ、突入電流によるVINの変動を抑える事が可能です。

CE端子にLレベルを入力することでICはスタンバイモードになり、消費電流を大幅に低減します。また、CL高速ディスチャージ機能は、ICがスタンバイモードに入った時、出力安定化コンデンサ(CL)にチャージされた電荷をVOUT端子 -VSS端子間の内部スイッチによりディスチャージし、高速にVSSレベルに戻すことが出来ます。

代表標準回路

特長

最大出力電流 400mA以上, 550mA リミット (TYP.)
入出力電位差 38mV@IOUT=100mA(TYP.), (VBIAS- VOUT(E)=2.4V時)
バイアス電圧範囲 2.5V~6.0V,VBIAS- VOUT(E)≧1.2V
入力電圧範囲 1.0V~3.0V (VIN≦VBIAS)
出力電圧範囲 0.7V~1.8V(0.05Vステップ)
高精度 設定電圧精度±20mV
消費電流 IBIAS=25μA ,IIN=1.0μA(TYP.)
スタンバイ電流 IBIAS=0.01μA ,IIN=0.01μA(TYP)
UVLO VBIAS=2.0V ,VIN=0.4V(TYP.)
TSD 検出: 150℃, 解除: 125℃(TYP.)
ソフトスタート時間 240μs@VOUT=1.2V (TYP.)
動作周囲温度 -40℃~85℃
機能 CL高速ディスチャージ
低ESR コンデンサ対応 セラミックコンデンサ対応

パッケージ

パッケージ名 SOT-25 ピン数 5
個/リール 3,000 外形寸法(mm) 2.8 x 2.9 x 1.3
パッケージ名 SOT-89-5 ピン数 5
個/リール 1,000 外形寸法(mm) 4.5 x 4.6 x 1.5
パッケージ名 USP-6C ピン数 6
個/リール 3,000 外形寸法(mm) 1.8 x 2.0 x 0.6

データシート

品質保証資料

よくあるご質問

Questionスタンバイ電流とは何ですか。
Answer

スタンバイモード時にICに流れる電流です。スタンバイモードとは、CE機能によりICがOFFした状態を指します。

閉じる