XCM414シリーズ

ワイヤレス受電用 ブリッジダイオード内蔵 電圧レギュレータ

XCM414は、ショットキーバリアダイオード(SBD)4つと正電圧レギュレータ(VR)を内蔵したICです。ショットキーバリアダイオード4つでブリッジ回路を構成し、その出力電圧を内蔵の正電圧レギュレータ電源に接続することにより、AC入力をブリッジ回路で全波整流しDC出力電圧を得ることができます。

VRは、内部基準電圧源、誤差増幅器、ドライバトランジスタ、電流制限回路、過熱保護回路、位相補償回路等から構成しています。

出力電圧はIC内部で3.3Vに標準設定しております。また、オプションでレーザートリミング技術により2.0V~12.0Vまで0.1Vステップで設定可能です。 出力安定化コンデンサCLにセラミックコンデンサ等の低ESRコンデンサにも対応しています。過電流保護回路と過熱保護回路を内蔵しており、出力電流が制限電流に達するか、ジャンクション温度が制限温度に達するかにより、保護回路が動作いたします。

CE機能によりレギュレータの出力をオフさせスタンバイモードになります。スタンバイモード時には消費電流を大幅に低減します。

代表標準回路

特長

(SBD)順電圧 0.33V (IF=10mA)
(SBD)逆電流 2μA (VR=40V)
入力電圧範囲 2.0V ~ 26.0V
出力電圧設定範囲 2.0V ~ 12.0V (0.1Vステップ)
固定出力電圧精度 ±2%
低消費電流 5μA
スタンバイ電流 0.1μA
リップル除去率 30dB @ 1kHz
内蔵保護回路 電流制限回路、サーマルシャットダウン回路
動作周囲温度 - 40℃~ + 85℃

パッケージ

パッケージ名 USP-8B10 ピン数 8
個/リール 5,000 外形寸法(mm) 2.6 × 2.9 x 0.33

データシート

閉じる