XC6365シリーズ

PWM制御 降圧DC/DCコントローラ

XC6365シリーズは、トランジスタ、コイル、ダイオード及びコンデンサの計4点の外付け部品で、出力電流1A以上の高効率を実現する降圧DC/DCコンバータです。

出力電圧は、内部にて 1.5V~6.0V(精度±2.5%)まで、0.1Vステップで設定可能です(VOUT品)。VOUT品の他、1.0Vの基準電圧源を内蔵し、外付け部品で出力電圧を任意に設定するタイプ(FB品)も用意しました。 スイッチング周波数が300kHzと高いため、外付け部品を小さくすることが可能です。

ソフトスタート時間は、内部にて10ms に設定されたタイプ(A、Bタイプ)と、外付けの抵抗及びコンデンサで調整可能なタイプ(C、Dタイプ)があります。

スタンバイ機能で、消費電流を0.5μA以下となる動作停止状態(CE端子"L")にできます。

UVLOを内蔵しており、入力電圧が規定電圧以下では外付けTrをオフさせます。

代表標準回路

特長

入力電圧範囲 2.2V~10V
出力電圧範囲 1.5V~6.0V 0.1Vステップで設定可能,設定電圧精度±2.5%
発振周波数 300kHz ±15%,カスタムにて180,500kHzに対応
出力電流 1.0A以上(VIN=5.0V,VOUT=3.0V)
高効率 92% (TYP.)
スタンバイ機能 ISTB=0.5μA (MAX.)

パッケージ

パッケージ名 SOT-25 ピン数 5
個/リール 3,000 外形寸法(mm) 2.8 x 2.9 x 1.3
パッケージ名 USP-6C ピン数 6
個/リール 3,000 外形寸法(mm) 1.8 x 2.0 x 0.6

データシート

品質保証資料

よくあるご質問

Questionスタンバイ電流とは何ですか。
Answer

スタンバイモード時にICに流れる電流です。スタンバイモードとは、CE機能によりICがOFFした状態を指します。

QuestionFB品は何を指しますか。
Answer

FB端子の基準電圧と外付けの分割抵抗によって任意に出力電圧が設定できるICです。出力電圧は、RFB1とRFB2の値によって下記の式で決まります。
VOUT = Vref × (RFB1 + RFB2)/RFB2

QuestionUVLO(アンダーボルテージロックアウト)とはどういった機能ですか。
Answer

VINが、UVLO電圧まで下がるとドライバトランジスタを強制的にオフする回路です。入力電圧が規定の値以上に戻るとUVLOが解除され、再びスイッチング動作を行います。ソフトスタート機能が働き動作が開始されます。
UVLOの動作停止状態はシャットダウンではありません。パルス出力を停止している状態なので、内部回路は動作しています。

閉じる