XCM410シリーズ

2チャンネル電圧検出器(VDD分離の監視専用VSEN端子付)

XCM410シリーズは、高精度・低消費電流 電圧検出器XC6108とXC6109を搭載したマルチ実装ICとなっております。

XC6108/XC6109は、CMOSプロセスとレーザートリミング技術を用いて、高精度、低消費電流を実現した電圧検出器です。1チャンネル(VOUT1)はセンス端子(VSEN)と電源入力端子(VIN)が分離されており、別電源の電圧を監視する事が可能です。センス端子と電源入力端子を分離して使用する事で、監視する電源の電圧が0Vまで低下しても、出力を検出状態に保持する事が可能です。

出力形態はNchオープンドレイン出力です。

代表標準回路

特長

検出精度 ±2%(検出電圧≧1.5V), ±30mV(検出電圧<1.5V)
低消費電流 1.7μA (TYP.), (VDF1=1.5V, VDF2=3.3V, VIN=4.0V)
検出電圧範囲 VSEN端子:0.8V~5.0V (0.1Vステップ), VIN端子(=VDD):1.1V~5.0V (0.1Vステップ)
動作電圧範囲 1.0V~6.0V
検出電圧温度特性 ±100ppm/℃(TYP.)
出力形態 Nchオープンドレイン出力
動作周囲温度 -40℃~+85℃
センス端子分離型 VSEN端子はVDDから独立

パッケージ

パッケージ名 SOT-25 ピン数 5
個/リール 3,000 外形寸法(mm) 2.8 x 2.9 x 1.3

データシート

品質保証資料

閉じる