DC/DCシミュレーション利用規約、利用ガイド、変更履歴

利用規約

当社の技術情報は「このサイトの利用について」をご一読いただき、その内容をご了承いただいたうえでご利用ください。また、技術情報の妥当性や適用可否については、お客様の責任において判断してください。
技術情報をご利用になられた時点で、利用規約に同意いただいたとみなします。ご了承ください。

利用ガイド

本DC/DCシミュレーターの特長

本DC/DCシミュレーターは、DC/DCコンバータの静特性の計算を行うことにより、ICの選定や周辺部品の選択、および回路の実現性の手助けとなる設計情報を提供するものです。

本シミュレーターは、一般的なDC/DCコンバータ向けシミュレーターと異なり、下記の特長を持ちます。

  1. 容易な操作性
  2. 静特性に特化しているため、瞬時にシミュレーション結果を表示
  3. 熱抵抗を用いた、ジャンクション温度を算出
  4. PFM動作モードでの発振周波数を算出
  5. 入力抵抗(電池インピーダンス)を考慮したシミュレーションが可能
    例)電池インピーダンスを考慮した条件での、昇圧DC/DCの出力電流予想や電圧降下の予想。
  6. 各部品の損失を可視化しているため、最適な周辺部品の選定が容易

本DC/DCシミュレーターの使い方

  1. 製品選択、発振周波数選択
    シミュレーションを行う製品の選択を行ってください。
    複数の発振周波数を持つ製品では、発振周波数の選択を行ってください。

    製品/発振周波数の選択を行うと、その製品/発振周波数に応じた初期値が自動的に入力されます。

  2. 動作モード選択
    次に動作モードの選択を行ってください。

  3. シミュレーション条件入力
    シミュレーションを行う電源仕様および周辺部品の定数を入力してください。
    条件の入力はデータシートを参考に、電源仕様を満たしている範囲および推奨定数になるようにしてください。

    電源仕様外の条件や、半角数字以外の文字を入力した場合は、正常に動作しない場合があります。

使用上の注意

本シミュレーターは、オン抵抗・消費電流等のICの特性を考慮し、DC/DCの動作理論に基づいて計算してますが、全ての特性を考慮しているわけではありません。また、出力の異常発振やコイル電流の逆流等の現象は考慮しておらず、実機とのズレが生じる可能性があります。当社ICをご使用の際は、実際の動作状態および適用環境で検証及びテストを実行し、情報の妥当性、適用可否を判断してください。

変更履歴

2019年4月8日:Version 1.00をリリース

閉じる