株式会社イーアールアイ、日本ガイシ株式会社と環境発電デモボードを開発

投稿日 : 2024年5月28日

 株式会社イーアールアイ(代表取締役:水野 節郎、本社:岩手県盛岡市、以下イーアールアイ)、日本ガイシ株式会社(代表取締役社長:小林茂、本社:愛知県名古屋市、以下日本ガイシ)、トレックス・セミコンダクター株式会社(代表取締役社長:木村岳史、本社:東京都中央区、以下トレックス)は、3社の技術を組み合わせた「環境発電デモボード(EsBLE)」を開発しました。

 EsBLEは、日本ガイシの超薄型・小型リチウムイオン二次電池「EnerCera®(エナセラ)」、トレックスの超低消費電源IC、イーアールアイの低消費無線化技術を組み合わせたボードとなっており、太陽光パネル、振動発電などのエナジーハーベストで発電した電力にて温湿度、気圧などを測定し、BLE(Bluetooth LE)で送信することが可能です。

エナジーハーベストは、発電できる電力が小さく、また環境により発電量が変わることが課題でした。各社の技術を組み合わせることにより、不安定なハーベストからの電力でも安定したセンシング、送信を行うことが可能です。

 EsBLE TYPE1は、ハーベストから電池への充電基板、超低消費高効率電源基板、測定、通信、制御のシステム基板に別れており、様々な仕様での検証が可能です。

EsBLE TYPE2は、必要な機能をすべて実装したオールインワンボードとなります。エナジーハーベストを接続するだけで、各種センサーでの測定とBLEでのデータ送信が可能です。

環境発電デモボード(EsBLE)のお問い合わせは、下記イーアールアイまでご連絡ください。

URL:https://www.erii.co.jp/contact/

株式会社イーアールアイについて

イーアールアイは、組込み機器のハードウェア&ソフトウェア&メカの企画、設計、開発、販売。Bluetooth Low Energy/Wi-Fi応用製品開発、センサー応用製品開発、熱転写プリンタ開発をはじめ、お客様の戦略商品の開発を通じて、私達の得意な電子回路設計・FPGA設計・メカ設計・ファームウェア設計・アプリケーション設計の組込みコア技術を提供しております。

https://www.erii.co.jp/

日本ガイシ株式会社について

日本ガイシは1919年の設立以来、独自のセラミック技術を駆使し、社会課題を解決する画期的な製品を数多く提供してきた総合セラミックメーカーです。エネルギー、モビリティ、IT、産業分野を事業の柱とし、世界20カ国以上で活動しています。持続可能なエネルギーインフラを構築する大容量蓄電システムや世界のIoT化を支える小型・薄型のリチウムイオン二次電池を提供しているほか、自動車排ガス浄化用セラミックスの大手メーカーとして、地球環境への負荷低減に積極的に取り組んでいます。日本ガイシは、カーボンニュートラルとデジタル社会の2分野に革新的な製品やサービスを提供し、新しい価値の創造と持続可能な社会の実現に貢献していきます。

https://www.ngk.co.jp/

トレックス・セミコンダクター株式会社について

トレックス・セミコンダクターは1995年の設立以来、国内唯一のアナログ電源IC専業メーカーとして、「Powerfully Small」を製品づくりの目指す姿と定め、お客様の製品に付加価値となる世界最小クラスの高効率アナログ電源ICと、お客様の製品開発を加速する電源設計ソリューションを提供しています。トレックスの製品は国内をはじめ、海外を通じて、産業機器、カーアクセサリ、通信、PC関連、ウェアラブル関連の各市場で採用されています。

https://www.torex.co.jp

 

報道関係の方お問い合わせ

トレックス・セミコンダクター株式会社
広報グループ Tel: 03-6222-2861