XC3101シリーズ

超小型 低消費電流 アラーム温度検出機能付き アナログ温度センサ

XC3101シリーズは、超小型、低消費電流の高精度温度センサICです。出力はアナログ出力とN-chオープンドレインのアラーム出力となります。 内部はバンドギャップ型温度センサ、基準電圧源、温度傾斜設定アンプ、コンパレータ、各種設定抵抗から構成されています。

アラーム温度はIC内部で70℃に設定されており、温度が上昇してアラーム温度を越えるとアラーム出力は“Low”に保持されます。 またアラーム温度からヒステリシス幅だけ温度が降下するとアラーム出力は”High”に解除されます。ヒステリシス幅は5℃に設定されています。

アナログ出力は-40℃~100℃の範囲で高精度のアナログ電圧を出力し、外部A/D等にて温度をモニタリングすることも可能です。

動作入力電圧範囲は2.7V~5.5V、消費電流は3.5μA(TYP.)と小さく、バッテリー機器の温度検出に適した仕様となっております。

パッケージは超小型USPN-4(1.2 x 0.9 x 0.4) 及び業界標準SSOT-24に実装、携帯機器での小型化、高密度実装を可能としています。

お知らせ

2011年8月23日
製品ニュース
超小型(1.2 x 0.9 x h0.4mm) 低消費電流 アラーム温度検出機能付き アナログ温度センサ XC3101シリーズ
2011年7月1日
製品ニュース
【New Product Release】XC3101シリーズ

代表標準回路

特長

動作電圧範囲 2.7V~5.5V
アナログ出力電圧 1.600V (TYP.) @25℃,2.365V (TYP.) @-40℃,0.717V (TYP.) @100℃
アナログ出力電圧温度係数 -11.77mV/℃ (TYP.)
アナログ出力温度範囲 -40℃~+100℃
アナログ出力温度精度 ±3.5℃
アラーム温度 70℃±4.5℃
アラーム温度ヒステリシス 5℃ (TYP.)
アラーム出力形態 Nchオープンドレイン出力
アラーム出力論理 Active Low
消費電流 3.5μA (TYP.) @25℃
環境への配慮 EU RoHS指令対応、鉛フリー

パッケージ

パッケージ名 SSOT-24 ピン数 4
個/リール 3,000 外形寸法(mm) 2.0 x 2.1 x 1.1
パッケージ名 USPN-4 ピン数 4
個/リール 5,000 外形寸法(mm) 0.9 x 1.2 x 0.4

データシート

技術資料

品質保証資料

閉じる